はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

桃山フィーバー!

先々週、魯山人を観たので、人心地ついたら
荒川豊蔵に会いに行きたくなった。
d0021649_20463782.jpg

豊蔵資料館。
ワラビやタケノコの茶碗に出逢う。
これで3度目になるけど、
ああ、そうか。豊蔵の志野は春なのだなあ、と
今さらになって気付いた。
窯跡が見れないのが残念。
大萱の窯跡を探したけど、見つからなかった。
d0021649_20563257.jpg

かわりに九尻にある連房式登り窯を観た。

土岐市の陶磁歴史館にあるお茶室
暮雪庵でお茶を飲む。
d0021649_20502650.jpg

500円で呈茶だったので、思いっきりラフな格好で臨んだのですが…
d0021649_20513166.jpg

↑本日のお軸「織部が千宗旦にあてた手紙」!!
↓主茶碗「志野茶碗」 桃山時代!
d0021649_20514477.jpg

替茶碗「黒織部」 桃山時代っ!!!
菓子鉢「鼠志野鉢」 桃山時代!!!!!

ひいー。
これらは全部、土岐市の所蔵品です…
土岐市!太っ腹すぎ!!!

3畳の草庵だから、織部の書もめっちゃ近い。
初めて桃山の志野茶碗でお茶を戴きました。
一人きりだから、もちろん私が正客!
あまくて美味しいお茶でアリマシタ。
ふうー。汗かいた。
月釜があるようなので通いたくなりました。
天窓が開いたときに来たい。

現代茶陶展も観て…
d0021649_2111834.jpg

何でこんなに桃山陶をリサーチしているかというと、
今年の夏に県美術館で、美濃焼をテーマに
ワークショップをやるのです。
桃山陶の楽しそうな所を探りに参ったワケ。

たまたまだったけど、思わぬ出会いが出来て良かった。
今度は動揺しない服装で来よう…

帰りに瑞浪のO先輩のお墓参りもした。
O先輩が亡くなって、もう8年も経つ…。
つまり私が陶芸を志して、8年目だ。
今の私を報告に行きました。

人気ブログランキングへ
[PR]
by halko_s | 2010-03-07 22:01 | ART