はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いろいろめぐる。

今日はまず朝からお茶のお稽古。
d0021649_22335468.jpg

包み服紗(台子で)と盆点て。
ようするに難しい濃茶+超難しい濃茶。
ああ。。。出来た気がしないが…
次のお免状を申請する事になったので、そうも言っていられない。
そう。次の許状を申請して、それが滞りなく出来るようになったら、
お茶名を取るはず。茶名…「宗晴」とかになるんだろうか。
ヒツジには、最終的に名前が何個出来るんだろう…?

そのあと、名古屋へ向かい「日本新工芸展」を見ました。
d0021649_22444833.jpg

いつもブログにお邪魔してくれる、ぐーにゃさんや
NHKのKわい先生たちの作品を観ました。
こないだaimonsさんのブログで、田中忍さんという
釉裏紅のカッコ良い作家さんがいる事を知ったので
是非作品を観てみたかったが、名古屋展には巡回してなかった。残念。。。

新工芸とか日展とか伝統工芸展とか日陶展とか
陶芸の展覧会はたくさんあるし、会派もたくさんあるけど
一度どこかで、一堂に会してみたら面白そうだなあ…などと夢想してみました。

そのあと椙山で授業があって、
終わってからまた栄へ移動。今度は丸栄で開催中の
塚本満先生の個展へ。
d0021649_22502234.jpg

急いで丸栄へ向かったんですが、向かう途中で満先生と遭遇。
「あ~。もしかして来てくれたの?でももう終わりだよ(笑)」
「えっ!?本当ですか!?」
私は終了時刻を30分も間違えていた。
それでもギリギリ滑りこんで拝見…(ごめんなさい)

私は月白釉の研究をずっとしてますが、
超~!カワイイ月白釉の湯飲みがありました。
実は理系出身の満先生は、釉薬の魔術師な感じ。
どうやったら、あの釉とこの釉が合体して
ちぢれずに、こんな風になるのやら~?
相当なテストをかさねて、制作しておられるのが分かります。
あーもっと土も釉も研究しなきゃな…と思いました。

d0021649_22551532.jpg

今日は釉裏紅のダミをしましたが、飲んでしまいました。
はー今日は暑かったな~。お疲れさんでした!

人気ブログランキングへ←いつもクリックありがとうございまーす!
[PR]
by halko_s | 2010-06-17 22:56 | ART