はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

弾丸ツアーの行方。

昨日は日帰りで東京へ行っていました。

まずは、朝から板橋へ。
d0021649_2054185.jpg

住宅街を抜けて
d0021649_20543497.jpg

ギャラリー瑞玉さんで開催中の
d0021649_20551672.jpg

望月集先生の個展へ。
d0021649_2056949.jpg

ご本人を連想させるような、大変暖かな展覧会でした。
今回は8寸サイズの色々な絵付けのお皿が沢山。
会場内は百花繚乱でした。
今回は震災のことなどもあり、なかなか制作への気持ちが
ついていかなかったとのこと。。。
しかし、そんな中でも(そんな中だからこそ?)安らぎを与えられる
雰囲気が、作品には宿っておりました。
またもや先生を独り占めして、いろいろと技法のことなど
質問してしまいました。長い時間、失礼いたしました。

瑞玉さんにお邪魔するのは2回目です。
1階は常設展示がされているのですが、
少し贅沢な日常を送れそうな、かわいらしい器たちが沢山!
瑞々しい時間を過ごすことができました。


今度は日本橋三越へ。
d0021649_2101160.jpg

まず鈴木徹さんの個展。
d0021649_2104122.jpg

(HPから拝借いたしました)
こちらは初日にお邪魔することになったのですが
制作中からずっとネットで拝見していた、非常に大きな大きな壺が
しっかりと、会場に鎮座しておられました。
また、画像はありませんが、一つ奥の方に丸い形の壺がありまして
この壺の形が、ものすごく美しかったです!
水をたっぷり含んだ果実のような、
パリっ!とした音が聞こえてきそう。。。
ここまで凛とした姿の壺を、私は未だかつて見たことがありません。
徹さんの想いの強さを、垣間見た様な気がいたします。

そして、本展を…
d0021649_2175467.jpg

今年も落選したヒツジですが
東京で見る会場は、名古屋会場で見るのとは、気持ちが全然違うのです!
あー前回は、ここに晴れがましい気持ちで立っていたのだなーと
今すぐ逃げ出したくなる気持ちをなんとか堪えながら、
じっくり観ることに。

望月先生の個展も、徹さんの個展も、そして本展も。
作品を作っているのは結局、手じゃなくて
気持ちなんだなあ。と…
そんな風に思いつつ。
d0021649_21113046.jpg

海老名SAでみた富士山。

さて......と。


人気ブログランキングへ←クリックすると一票はいります★
[PR]
by halko_s | 2011-09-29 21:13 | ART