はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

一段落ついたので

d0021649_12535137.jpg

昨日の文章がトップになっているのはしのびないので
一応制作のことも書かないと…

一昨日なんとか小物たち全てに手を入れて、絵付けが一段落つきました。
でも大量生産はツマラナイと感じてしまうのか
仕事が作業的になってしまったのは否めない事実。
1点モノしか作らない作家になるわけにもいかないので
同じものを作る楽しさを見つけないといけないのですが…なかなか…

そんななか。少し前に鈴木治さんの染付大皿を見ました。
治さんと人間国宝の鈴木蔵さんは親戚なんですね~とそれはさておき
走泥社の鈴木治さんといえばオブジェのイメージが強いのですが
古陶から学んだ方なので、伝統工芸も相当詳しかった様子。
治さんの染め付けはすごくオシャレで
私たちが今の所目指しているような描写的な染め付けではなく
しかし端的に植物らしさを生かしたオシャレな染付でした。
これから染付をやる人達は、ただ描くだけではもう古くて
これから先の時代を模索しないとナァと
少し昔の染付大皿に考えさせられたのでした。
[PR]
by halko_s | 2006-09-16 12:53 | ART