はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー

<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

歯車まわる。

しばらくブログから離れていましたが
ただいま戻ってまいりました。
d0021649_21375134.jpg

いつもは、一日を整理するために書いているのですが
そんな時間すら、後ろめたい1週間。
とにかく絵付け、釉がけ、窯!の毎日でした。
d0021649_2138624.jpg

だみ。

火曜日は、またもや窯を焚いていました。
リベンジ電気窯。自分の窯で、2度目の本焼成です。
d0021649_21473811.jpg

気温が35度を超える中、室内の温度は何度だったのか…?
(隣のおじさんが言うには、サウナと同じだったといっていた。要するに70度くらい)
凍らせたペットボトルを首に当てつつ、なんとかやり過ごしました。

今回は、ガスの圧力を0.015パスカル上げて
エアーが1.5だったのを2まで開けた。
釉薬が一番溶けるであろう時間帯、さらにガス圧をあげ、
終盤は中性にもどし、充分ねらす。
ガスの窯と同じ焚き方を目指して、プログラムも変えました。
今度はうまく行ってくれ……と願いをこめて。
窯が変わったら、作品が出来ないなんて
言い訳にしたくない。



そんな窯出しが、今日でした。
前回は期待が大きかった分、大失敗だったので
あまり期待をせずに、窯の蓋を開けました。。。
どきどき。。。
d0021649_2235636.jpg

おっ!赤くなってる。
赤すぎず、薄すぎず。ムラもない。ピンホールもないし、
何よりカワイイぞ。
これはもしかして…大成功?

比較のために。昨日のお昼ご飯…。
d0021649_22724.jpg

職場の電気窯で焼いた、釉裏紅の鉢です。
辰砂らしい、いわゆる牛血といった色でした。
これはこれで魅力的だけど、もう少し可愛げが欲しい。。。
この色を改良したくて、釉薬を研究し続けた事は先週も書きました。

窯が変わったら、目指す色が出来た…?
さすが司電気炉さん!(笑)
早く窯を買えばよかったのか~。
ちぐはぐだった歯車が、やっとかみ合ってきた感じ。
d0021649_22205487.jpg

1つだけだった左馬の湯飲みは、
ばあちゃんのお墓にお供えしてきました。

おばあちゃん。事故無く無事にやけたよ。
ありがとう。

人気ブログランキングへ←クリックありがとうございます☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-30 22:27 | works

やわらかい磁器。

今年は鉄線の当たり年なのか、
まだまだ元気に咲いています。
どんどん蕾がついて、どんどん咲きます。
d0021649_23111364.jpg

今日は、昨日色々ありすぎて体が重いなか、柳ヶ瀬へ。
d0021649_2311034.jpg

岐阜高島屋で開催中の、「安田浩人 茶陶展」。
私はあまり知らなかったのですが、
京都にかつてあった、粟田焼を再興された方なのだそうです。
作品は精緻でとても愛らしく、技巧的でもありました。
少し(実際は少しどころではない)お話させていただきましたが、
かなり面白い方でした(笑)

しかし、話すうちに、ヒツジの作品の話にもなりました。
というのも、春に三越さんでグループ展をさせていただいたとき、
たまたま安田氏も松坂屋さんで展覧会中で、
お隣という事で、観に来てくださったのだそう。
そのとき会場にいたのが私だったとの事。。。
作品も覚えていてくださいました。
「やわらかい磁器だよね」
と言われて、あっ。となりました。

そうなんです。
私はやわらかい磁器をやりたい。
素地も絵付けも、やわらかく暖かいものを作りたい。
磁器って中国からの流れなのか、ピシッとしていてシャープなものが多いけど
ふんわり柔らかくっても良いじゃないか。

あっさり見抜かれ、嬉しい心持ちでした。

早速帰って絵付け。
d0021649_23231518.jpg

次は電気の窯で焼く予定なので、
一枚は染付を入れることに。
ダミが終わったところで、今日はおしまい。
明日は陶芸教室です。第4土曜日ってことは
今月も、もう終わり。
本展まで3週間かあ。。。ぎゃー!

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-25 00:05 | works

会報をつくる。

昨日はものすごく忙しかった一日。
まずはお茶のお稽古へ行き、その後瀬戸へ向かい、窯出し。
d0021649_22513322.jpg

大皿と大鉢の2点が入っていました。
鉢は駄目でした。色が綺麗じゃなかった。
今年は鉢を出したいので、リベンジすることが決定。
d0021649_2253242.jpg

お皿のほうは思い通りの色が出ました。
今年は出せない!って事にはならなさそう。
まだまだ安心は出来ません。
ギリギリまで、挑戦は続きます。

d0021649_225615100.jpg

その後、椙大で授業。外で建物のデッサンでした。
暑い中、みんなお疲れさんでした^^

授業が終わり、県芸大へ。
d0021649_22571463.jpg

今年から、ヒツジは工芸会東海支部の
会報委員を仰せつかっています。
昨日は、会報の原稿作り。芸大の会議室をお借りして、プチ編集部です。
こんな感じの…
d0021649_22583192.jpg

レトロなルーラーを使って、写真をトリミングしていきました。
すっっっっっっつごく、手作業です。
こんな苦労を経て、会報は出来ていたのですね…

印刷屋さんに出してから、本展出品後、
また校正作業があるそうです。
工芸会って、すごそうな名前をしているけれど
こんな手作り感いっぱいの会なんですよね、実は。。。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-24 23:03 | works

CはセラミックのC。

昨日は貸し窯で焼いていました。
d0021649_21293361.jpg

久しぶりのガスの窯。
最後にしようかと思っていましたが、
必要があれば、やっぱり借りに来ようかな。
そう思わせてくれたのは…
d0021649_21333811.jpg

社長さんが退院していました。
去年の9月、脳挫傷でずっと入院中だった
ガス窯やさんの社長さんです。
昨年の後半は、家族みなさま、病院と事務所を行ったりきたり。
我々も、気が気ではありませんでした。

4月に退院されたと聞いていましたが、
昨日は立って歩いている姿にびっくり。
すごいなあ。
人って強いですね~。
まだまだご家族は大変だとは思いますが、
回復していく社長を応援してあげたくなりました。

d0021649_21423038.jpg

焼いている途中、村上金物へ行って来ましたが
ゼーゲルが値上がりしていました。
うわー。色々高くなってる。。。

おうちに帰ると
d0021649_2150021.jpg

届いていたのは黄色い封筒。
C-1グランプリ……?

日本陶芸展の、茨城展の案内でした。
d0021649_21504585.jpg

M-1とか、R-1とかあるけれど、
C(Ceramic)-1グランプリ=日本陶芸展
なんですね(笑)
このコピー考えたの、誰だろう?もしやK子先生…???
私、C-1出てたんだ~知らなかったなあ。
さしずめ、一回戦敗退の芸人といったところかな。。。

でも、チラシの内容はなかなか面白かったです。
tousigamaさんのワークショップだったり、
sannougamaさんたち茨城の作家さんの
ギャラリートークなど、イベントが目白押し。
こんな機会があってうらやましいです!
私の作品は、どんなふうに展示されるのかな~。

明日は窯出し。
色が綺麗に出てますように。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-22 21:59 | works

明日が最後の。

ずっと絵付けをしていました。
d0021649_19561580.jpg

今年は回りこむ形を描きたいので、
こんなような、背の高い鉢を作っています。
(実物はもう少し背が高いです)

今日は2枚目を絵付け。
あ。ここには葉っぱが要らないな~と気がつくと
d0021649_1958861.jpg

消しゴムではなくて、ティッシュで
d0021649_19583162.jpg

こすって消します。
d0021649_19585021.jpg

けっこう綺麗に消えるんですが、
磁土の表面をツヤツヤに仕上げているからかも。
d0021649_19571361.jpg

無事に軌道修正されました。

d0021649_200257.jpg

明日は、最後の貸し窯によるガス窯の焼成。(になるといいけどな)
さすがにできたばかりの電気窯で、運よく作品が取れるとは思えず
窯を作り始めた5月の時点で、既に予約していたのでした。
これで1つは取れるといいけどな。

明日が勝負になりそうです。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-20 20:02 | works
梅雨らしく、雨が降っています。
d0021649_22363186.jpg

今年は春が遅かったからか、
d0021649_2237815.jpg

去年の夏が暑かったからか、
d0021649_22372516.jpg

今年は少し花が遅い…気がします。
でもしっとり濡れた花たちは、
曇り空の下でまた違った輝きを放っています。

さて、窯出しをいたしました。
まー、そりゃ初めてですから……失敗失敗!
d0021649_2238416.jpg

コレはこれで、綺麗なんですが……。
どうやら還元が少し弱かったようです。

しかしながら、電気の窯は、ガスの窯に比べて
釉裏紅がものすごく赤くなって困る!
ということが常識だったので
赤くなりにくい釉薬を、一昨年からずっと研究していました。
今回は満を持して、挑んだわけですが…
還元がそこそこ強くかかっていた部分でも、
ほとんど赤くなりませんでした!
あれれ?

逆に、今までのガス窯で使っていた釉薬は、
赤くなりすぎるため、今後は使わない予定。
「あ~。この釉薬とも、もうお別れだなあ…」と
感慨深く、小さな湯飲みにテストで使用したのですが
その釉薬が一番綺麗に安定して、ピンク色が出ていました(笑)
まじっすか。
この2年間の私の研究は、なんだったんだ~?
これからも、この釉薬との付き合いが長くなりそうです。
原点に戻ってきた感じ。

まだまだ、釉裏紅の色は変幻自在。
もっともっと…幻想的な世界を演出するため
研究は続きます。
d0021649_22554655.jpg

サンキラを食べて
d0021649_2256673.jpg

サンキラを描く。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-18 22:58 | works

初窯を終えて。

つい先ほど、初窯を終えました。
d0021649_21104231.jpg


朝4時くらいに目が覚めてしまったので、
工房へ行って(500度だった)窯の扉を閉めて
950度を超えたところで、ガスを入れました。
d0021649_2114899.jpg

ところが、ガスを安定させる前に、
圧をあげすぎてしまい、バックファイヤー。
「ん?炎の色が見えないけど、エアーバルブをあけすぎたのかな?」
と思った瞬間、

ぽひゅ!

と甲高い音が。
それとともに、窯の栓がことごとく吹っ飛んでいました。
どうやら、バックファイヤーしたときに炎が消えてしまい
生ガスが入ったようで、そのまま小さな爆発が起こった模様。

ガスを止めても、すぐには止まらず、もう一度ポフ!と爆発。
ぎゃー!おちつけヒツジ!!!

落ち着いて、落ち着いて…………
火が消えたらまたすぐつけるように、バーナーの前を陣取って…
栓は1つじゃなくて2個開けることに。
970度を越えたあたりで、還元炎が見えはじめて、ほっと一安心。
d0021649_2122171.jpg

あーーーー。こわかった~。

その後は、バーナーの音にものすごく敏感になり、
今日はテレビもラジオもCDもipodも全て消して
無音で制作しました。

その間は釉薬のテスト。
d0021649_21242863.jpg

新しい窯用に、釉薬も新しくしようと、まずはゼーゲル式から。
d0021649_21252689.jpg

色々な原料がそろっています。
d0021649_21255078.jpg

こういう地味な作業も大切です。

そうこうしているうちに、1230度を超えてきました。
d0021649_21291384.jpg

中に入れていた色見を取り出します。
あ。ちゃんと溶けてる!!!
鉄の色も滲みも申し分ない。
色見を出したとたんに、じんわりと感動が沸いてきました。
d0021649_2127581.jpg

窯はちゃんと頑張っていたんだな。
ありがたいなあ。
ちょうど19時間半、窯を止めました。
d0021649_21304296.jpg

まずは事故無く、無事に初窯を終えたことに感謝して。
窯出しまでわかりませんが、失敗も成功も、
ここから先は私の研究次第なわけですな。

さて。
兜の緒を締めよう。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-15 21:38 | works

そして初めての。

さっきまで長久手におりました。
d0021649_23281377.jpg

今日の空は、綺麗過ぎて少し怖かったです。

さて。
羊は何故焦っていたのかを、書かなくてはなりません。
幾度かつぶやきサイトには投稿しておりましたが、
ブログでもきちんと書こうと思います。

私は染付けも釉裏紅も、還元焼成で作品を取っています。
電気の窯に、少しだけガスを注入して、
中を脱酸素状態にしてやるのです。
そのため、小さなプロパンのガスボンベを
ガスやさんで借りなくてはいけません。

しかしどうやら岐阜市では、
小さなガスボンベを借りることが出来ないようです。
名古屋や多治見、瀬戸などでは、普通に借りられるようですが
この地区だけは、ごっそり抜け落ちたように
一切、借りることが出来ませんでした。
たとえボンベを手に入れても、充填出来ません。
電話帳を手にして片っ端から電話しても、どこもかしこも断られ、
「担当者がおりませんので、折り返し連絡いたします」
といわれて2週間たっても連絡なし。。。など
煙たがられているとしか思えない状況、さすがに辟易しました。

そこで、とりあえず本展までの間、
大学時代の先輩のガスボンベをお借りすることになりました。
本当に命の恩人です。ありがとうございます!
しかしまた、注文したガス屋さんから、なかなかガスが届かない。
先週とどいて欲しかったけど、もう火曜日になってしまった。
出来れば今日の夜に窯を点火して、
明日の朝には還元に入りたい…かみさま~!
と思っていると、先輩からメールが。。。

「ガスが届きました!」とのこと。

嬉々として大皿を描きあげて、釉がけ。
長久手にガスボンベを取りに行きました。
あーーーー。
ここまで長かった…………
d0021649_2339410.jpg

テストで点火。
よっしゃ、大丈夫。
d0021649_23394113.jpg

窯詰めを終えて。
きっちり大皿が入るサイズだったので、
テストや左馬が入るスペースがなくなってしまった。
それでも、
d0021649_23395964.jpg

1つくらいは入れておこう。

先ほど、窯を点火しました。
明日の朝には温度が行くようにマイコン設定してあるので(便利!)
朝、還元に入ります。
どうかどうか、無事に初窯を焼けますように。

ガスを探してくださった先輩がた、貸してくださったF子先輩、
本当に本当に、ありがとうございました。
多少強引ではありましたが、やっと窯を焚くことができそうです。

祈りをこめて、いまから仮眠します。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-14 23:46 | works

ヌリカベ。

雨上がり、アジサイたちが咲いています。
d0021649_2344632.jpg

今日も晴れて、アジサイは暑そうでした。
d0021649_2352539.jpg

あースケッチしたいなーと思いつつも
d0021649_2354463.jpg

焦りが焦りを呼び、心の余裕を失い気味。
スケッチは無理なので、カメラで我慢。

ツイッターではつぶやいておりますが、
目の前の障害をまだ解決できておらず、
未だ本焼きを一度も焼けておりません。
上の空で、今日の記憶がありません。
って、ちゃんと皿も描いてるんですけどね。
d0021649_238476.jpg

これも焼けるのかな?不安。
どうにも、ヒツジを邪魔する
見えない力が働いているとしか思えない。

ヌリカベがいるんだろうか…?
そうおもうと、ちょっと面白くなってきた。
d0021649_23151071.jpg

それでも。無駄になるかもしれないけど、
前に進みたいので、大皿をロクロ。

ヌリカベに、はばまれた一日でした。
解決したらブログで経緯を説明しま~す。

人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-13 23:19 | works

今日も。。。

今日も素焼ってました。
d0021649_2243273.jpg

行き当たりばったりで制作しているため
大きな花器やら鉢が、微妙に隙間が空くため、焼かれずに残っています。
もったいないので、また脇に入りそうなものを作ってから
焼こうかなー。などと、ぼんやり考えつつ
…窯詰め。
d0021649_22521218.jpg

一番下にいれた大皿が、素焼きで割れてしまった。
うーん。はじめに焼いた壷が、1つこんなふうになってしまったので
壷の厚みのせいだと思っていたけれど、また割れた~。
温度の上げ方が悪いのだろうかな…???
今日はプログラミングを少し変えてみました。

これから沢山使いそうなので
d0021649_22502688.jpg

硫酸銅を大量に溶かしてみました。
やっぱすごい色。

久々の染付け。
d0021649_22591694.jpg

小さくてすみません。
今日中に裏までやってしまいたかったけど、
トリックを見たいので、今日のところはおわりっ


人気ブログランキングへクリックありがとうございまーす☆
[PR]
by halko_s | 2011-06-12 23:03 | SOMETHINGS