はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

現代工芸アートフェアへ。

<22時に追記いたしました。>

東京国際フォーラムで開催していた
現代工芸アートフェアへ行ってきました。
d0021649_13351749.jpg

総勢50名の日本を代表する工芸作家が
一堂に会する展覧会でした。

まずは会場内をお散歩。
d0021649_1335205.jpg

入り口入ってすぐにテツさんのコーナー。
d0021649_13352665.jpg

望月先生のコーナー。
d0021649_22133038.jpg

ほかにも、色々。陶芸だけではありませんでした。
d0021649_22135713.jpg

作品の前に作家さんがいらっしゃる所が、やっぱり良かったです。
d0021649_13354584.jpg

こちらは新里さん。
d0021649_13351241.jpg

こんな大きな作品も。(150CMくらいある)

私は夕方ごろに行ったので最後の方でしたが、
すごい人でごった返していました。
d0021649_1335431.jpg

閉館後、ikkan先生の梱包のお手伝いをさせていただいて…
(こうして作品を触ってしまえるのも…役得^^)
そのままレセプションにも参加させていただいて
d0021649_13395491.jpg

工芸会の東日本支部の先生方との
打ち上げにも、連れて行って頂きました。
第一線で活躍中の先生たちを目の前にして
ヒツジは何も話せず…冷や汗ばかり^^

先生方は酒が進めば進むほど、
工芸の将来や、支部の方向性、色んな人たちの作品についてなど
冗談を交えつつも、熱く語っておいででした。
いやーすごかった。
東海の私たちも、そんな熱く語れる場があったらー
このような場を提供してくださったikkan先生、チケットをくださったsuzuki様。
貴重な体験をどうもありがとうございました!

M坂屋美術画廊でずっとお世話になっていた、S木さんにも
久しぶりに会えて、こちらも工芸の将来性を心配する話になった。
でも、こうしてイベントを企画するような方がいらっしゃって
(企画、運営は個人の方がやっているのだそう。)
こんなに大勢の人たちが来場してくれて、工芸はまだまだこれからやなーと
ホッとした一面もあったのでした。

工芸の将来を心配しつつ…
自分たち作家は、ただただ研鑽を積んでいく事しかできないのかな
などと傍観者は思うのでした。


あー楽しかった☆
さて、制作制作!

人気ブログランキングへポチポチ。いつもクリックありがとうございます☆
[PR]
by halko_s | 2011-03-07 13:50 | logbook