はるのひつじ。⇔酒井紫羊の気ままとうげい日記。


by はるのひつじ。
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

公募展のこと。

岐阜は暑いです。
d0021649_21344723.jpg

でも多治見や熊谷のほうはもっと暑いのだろうか。
d0021649_21373284.jpg

お茶の先生宅に咲いている青いトラノオ。
風炉の炭点前も、だんだんとさまになってきました。

8月の展覧会のテーマは花器。
色々な形を造り、まずは形を楽しもうと思う。
d0021649_21401998.jpg

手付きの注器。
d0021649_21405943.jpg

そういえば、ウチの食卓にはこんなふうな花器がずっと置いてあって
私も作ってみようと試作。(もう本番なんだけど…)

ここのところ、鬱々としていたヒツジ。
詳しく書いていなかったので、陶芸をやらない人には
何に焦っているんだ???と思わせてしまった様子。
ちょっと詳しく書こうと思います。

d0021649_21465984.jpg

毎年7月の中旬、日本伝統工芸展の締め切りがあります。
3月末の東海伝統工芸展を終えてから、
7月まで、ヒツジはずっとこの展覧会の作品を制作していました。

日本伝統工芸展。成り立ちなどは割愛しますが
日本で最も大きな公募展の1つ。(といっても過言ではないはず。)
本展の頂点には、人間国宝さんたちがいらっしゃって
私はそのピラミッドの底辺にいるような感じ。
なかなか私のような新参者が入選するのは難しいのですが
それでも、入っていかないと陶芸家として胸を張れないので…
毎年毎年、挑戦しています。

もちろん、本展なんて関係ない陶芸家の方が多いし
伝統工芸で登りつめて、人間国宝になろうって訳でもないです。
どうしてこんなに必死になって、作品を作っているのか良く分かりません。
しかし、毎年毎年、自分のベストを応募することにしています。

自分はちょっと遠回りをして陶芸を始めたという事や、
フリーター時代よりも、稼いでいないという焦り。
社会に対して貢献できていない自分。。。
色々あいまって、ここに入選しないことには
「人として」自信が持てないのかもしれません。

ともかくも、そんな夏の挑戦が終わりました~。
明日発送して、結果を待ちます。
よい結果が出ますように……!

人気ブログランキングへ←クリックありがとうございます☆
[PR]
by halko_s | 2011-07-15 22:30 | works